ゴミ屋敷の解消方法は?大家さんこそ知っておきたいポイントとは

所有している物件がゴミ屋敷になっている場合、いち早く解消させなければなりません。ゴミ屋敷を放置すると、100万円以上の損害を受ける恐れもあります。また、ゴミ屋敷を解消させたい場合は、プロの業者に任せることをおすすめします。

今回は、ゴミ屋敷の問題点や業者に依頼する流れ、業者選びのポイントなどについて詳しくご紹介します。

 

ゴミ屋敷を放置する問題点

ゴミ屋敷は、すぐに解消したいところですが、なかなか住民との話し合いが進まず、時間がかかってしまうものです。だからといって、ゴミ屋敷の清掃や退去などの話を先延ばしにすると、様々な問題が起こります。どのような問題が起こるのか詳しくみていきましょう。

他の住民からクレームが入る

マンションやアパート、一戸建てなど、いずれの場合も他の入居者や周辺住民からクレームが入ります。ゴミ屋敷の異臭によって、他の入居者が退去してしまうと、家賃収入が激減するでしょう。また、周辺住民からクレームが入ることで、他の入居者も住みづらくなり、退去してしまう可能性があります

このように、ゴミ屋敷はいち早く解消しなければ死活問題となるのです。

原状回復に多大な費用がかかる

ゴミ屋敷の住民が退去する場合、原状回復の費用を請求できます。ゴミ屋敷は、汚水や生ごみなどによって異臭や頑固な汚れにまみれているため、請求できる原状回復費用が高額となるでしょう。しかし、ゴミ屋敷の住民が原状回復費用を支払う保障はなく、場合によっては大家が立て替えることになります。

原状回復費用を請求しても支払われず、踏み倒される可能性もあります。

貸し出せなくなる場合も

清掃しても異臭が消えなかったり、壁や床に致命的なダメージが残ったりした場合は、貸し出せる状態ではなくなり、数千万円単位の損害を受けてしまいます。できるだけ早く対処することで、致命的なダメージをできるだけ残さず、ゴミ屋敷を解消できるでしょう。

いつ火事が起こるかわからない

ゴミ屋敷の問題点は、異臭や汚れだけではありません。足の踏み場もないほどのゴミに溢れている場合、火事の際に火が瞬く間に広がる恐れがあります。他の部屋や周辺の家屋にまで被害が広がり、取り返しのつかない事態に陥る危険性があるのです

もはや、ゴミ屋敷となった家や部屋だけの問題ではないため、大家として早急に対処しなければなりません。

 

ゴミ屋敷を解消したい場合の注意点

ゴミ屋敷を解消したい場合には、次の注意点を押さえておきましょう。

勝手に処分することは認められない

ゴミ屋敷のゴミを大家の判断で勝手に処分することは、法律で認められていません。勝手に処分されると訴訟に発展し、逆に損害賠償を請求される恐れがあります。そのため、ゴミ屋敷の住民と必ず話し合い、ゴミ屋敷の解消を目指すことが大切です。

話しがまとまらない場合は、訴訟を起こすことも可能ですが、訴えが認められるとは限らず、認められるにしても弁護士費用と長い時間がかかります。

退去を求められる可能性はある

ゴミ屋敷からの退去を求めることも可能ですが、スムーズに退去するとは限りません。この場合も訴訟を起こして退去を求めることが可能ですが、訴えが認められるかどうか難しいところです。話し合っても一向に解決に繋がらない場合は、弁護士に相談することをおすすめします。

 

ゴミ屋敷は業者に依頼して解消させる

ゴミ屋敷を解消できる状態になれば、後は業者に依頼するだけです。自分でゴミ屋敷を解消するのも1つの手段ですが、プロの業者に依頼した方がいいでしょう。プロの業者に依頼した方がいい理由は、次のとおりです。

プロの方がスピーディー

ゴミ屋敷を専門に清掃しているプロの業者に依頼すれば、スピーディーにすみずみまできれいにしてくれます。プロの掃除道具と技術を用いて、複数人で掃除してくれるため、素人が掃除するよりもスピードが早く、クオリティも高いのです。

もちろん、業者によって作業の質はピンキリなので、HPに記載されているビフォーアフター写真などから質をチェックすることが大切です。

結果的に費用を抑えられる

費用がかかるからといって自分で掃除すると、役に立たない掃除道具を購入してしまったり、慣れていない掃除に長時間かかったりと、時間と費用の損失を被ります。ゴミ屋敷は、非常に衛生環境が悪く、体調を崩してしまう恐れもあるでしょう。

そのほか、掃除に何日もかかれば、それだけ働く時間が減ってしまい、経済的な損失も受けます。プロであれば、1~2日程度でゴミ屋敷を解消してくれるため、費用以上のメリットがあります。

すみずみまで確実にきれいにできる

すみずみまで確実にきれいにしてくれるため、掃除をし直す必要がありません。予定よりも掃除に時間がかかってしまうと、次の入居者を予定通りに迎えられず、損失に繋がります。ゴミ屋敷の業者は、どういった部分にどのような汚れがあるのかを知っています。また、効率的なゴミの運び出し方まで把握しているため、最短時間ですみずみまできれいにできるのです。

 

ゴミ屋敷の解消は信頼できる業者に依頼する

ゴミ屋敷の解消は、信頼できる業者に任せましょう。信頼できる業者の探し方は次のとおりです。

複数の業者から見積もりをとる

まずは、複数の業者から見積もりをとりましょう。そうすれば、大体の相場がわかるため、不当に高額を請求する業者を避けられます。また、料金が安すぎて不審感のある業者を選んでしまうリスクも抑えられるでしょう。

見積もりをとる際に、依頼を焦らせてきたり、強引な契約を迫ってきたりする場合は、その業者への依頼は避けてください。契約後に何らかのトラブルに発展する可能性があります。

また、リサイクルにだせるものは積極的に再利用することで、ゴミ屋敷処理代金と相殺してくれる業者もあります

電話対応の丁寧さを確認する

電話対応が丁寧かどうかで判断はできませんが、最低条件としてチェックすることが大切です。質問をしても答えず、半ば強引に見積もりをとらせようとしたり、横暴な態度をとったりする業者は避けましょう。

一般廃棄物収集運搬業の許可を確認する

一般家庭のゴミを収集し、運搬するためには、「一般廃棄物収集運搬業」の許可が必要です。許可をとらずに違法にゴミ屋敷の掃除を請け負う業者もいるため注意しましょう。一般廃棄物収集運搬業の許可を持っているか、許可番号は何番か確認してください。

本当に一般廃棄物収集運搬の許可を得ているかどうかは、各自治体のHPで確認できます。

 

業者に依頼する場合のゴミ屋敷解消の流れ

 

ゴミ屋敷の解消を業者に依頼する場合の流れは次のとおりです。

業者探し

「ゴミ屋敷 掃除業者」などのKWで検索したり、チラシをチェックしたりしましょう。また、自治体に相談すれば、一般廃棄物収集運搬の免許を持つ業者を紹介してもらえる場合があります。

見積もり

現場を確認して、大体どれぐらいの費用になるか見積もりをとります。掃除に必要なスタッフの人数や掃除にかかる時間など、詳しく打ち合わせします

見積もり額は目安のため、実際の費用は増減しますが、何十万円も増えることは基本的にありません。もし、そのような請求をされた場合は、消費者センターに相談しましょう。

作業

話し合って決めた掃除開始日に現地集合して作業が開始されます。基本的に、現場に立ち会うことになりますが、業者によって異なります。ただ、金品などを無断で持ち出されることがないように、監視の意味で立ち会うことをおすすめします。

支払い

実際に行った作業量や時間、人数などから支払い額を確定させます。見積もりと若干の差があるはずですが、実際に作業してから追加料金が発生する場合もあるので、よほど差がない限りそのまま支払うことをおすすめします。見積もりと大きく異なる場合は、その根拠を明確にしたうえで、納得できる説明を求めましょう。ゴミ屋敷の清掃業者の質はピンキリで、中には作業後に高額請求する悪質な業者もいます。

トラブルになった場合は、国民生活センターに相談すれば、解決に向けて対応してくれます。

主な支払い方法は現金一括払いやクレジットカードなどですが、現金のみのケースも多いので、あらかじめ確認しておきましょう。

 

まとめ

ゴミ屋敷問題は、大家を苦しめる大きな問題です。周辺住民からのクレームや入居者の減少などに繋がるため、できるだけ早く解消したいところでしょう。話し合いで解決するのが一番いい方法ですが、ゴミ屋敷の住民はなかなか話し合いに応じなかったり、問題解決に向けて行動してくれなかったりします。一人で抱え込まず、自治体や弁護士など各専門窓口に相談することが大切です。

関連記事

会員登録・ログインはこちら

最新記事

  1. 何か投資を始めたいが、どのような投資を選べばいいかわからないという方もいらっしゃるでしょう。サラリー…
  2. 物件を選ぶ際、「マンションは高いからイヤだ」「アパートは音もれするからイヤだ」といった固定観念で選ん…
  3. 法律とは国民の生活や環境、問題に合わせて少しずつ姿を変えていきます。時間がたつとルールと人の生活が乖…
  4. 株式会社アートアベニューの原田と申します。弊社は首都圏の賃貸物件約6500戸をオーナー様からお預かり…
  5. 将来のために不動産投資をしたいけれども、種銭となるお金がない!なんてことはありませんか? 「2…
ページ上部へ戻る