あるセミナーで不動産投資とネットワークビジネス(MLM)は同じと言われてビビった話

  • 2022/9/3
  • あるセミナーで不動産投資とネットワークビジネス(MLM)は同じと言われてビビった話 はコメントを受け付けていません

先日、友人と、あるミーティングに参加させられました。テーマは、「資産を増やす」というもの。

たまたま時間があったので、気軽な気持ちで参加したのですが、行ってみたら雲行きが怪しく、だんだんとネットワークビジネス(MLM)のセミナーであることが分かりました。

すぐに帰ろうかとも思ったのですが、その友人も「騙された」と憤ている様子。元々、どれだけしつこい勧誘受けようと、
「NOというものはNO!」
と言う自信がある私は、とりあえずセミナーを聞き、面倒になったら退出するつもりで聞いていました。

すると、面白い話があったんです。
なんと、「MLMは不動産投資と同じ利益が得られる上に、元金がいらない」と言うのです。なるほど、だから「投資セミナーなのか…」一瞬関心しました。

その間違いだらけの不動産投資話を紹介したいと思います。

 

MLMなら才能もお金もなくても不労所得が得られると嘯いていた

話の内容は、次のような感じでした。

「不労所得として知られているのは、書籍の著者などを出版して得られる印税と、不動産投資があります。書籍は原稿を書くのは大変ですが、一度出してしまえば重版が繰り返され、その後は何もやらなくても収入を得続けられます。不動産投資は、マンションを購入すれば、そこから毎月家賃が入ってきてます」

ざっくりしすぎた話ですよね。まだ続きます。

「しかし、この中に、書籍として出版されるほどの原稿を書ける方や、マンションを購入できる方はいますか?
いませんよね?
でも、このビジネスは、才能もいらず、何千万というお金がなくてもできるわけで、だから私がオススメしているのです。しかも、一度グループを作ってしまえば、あとは一生そのグループからの収入があるのです。いかがですか?
魅力でしょ?
あなたも不労所得を得ましょう!」

もう何と言うか、ありがちなトークすぎて、進歩がなさすぎて、やれやれと思いました。

意地悪い気分になった私は途中で、「書籍用の原稿を書くのは確かに大変でしたけど、それほど重労働ではなかったので、これからも書籍を書いていこうと思います。ついでに雑誌やウェブにも記事を書いているので、このセミナーのことも書かせていただこうと思っています。では!」と言って出てきてしまいました。

続いて友人は、「私は不動産の方でそれなりに収入を得ているので、このセミナーに興味ありませんでした」と言って、同じく退席しました。その後、2人の人が退席して、きっとその後のセミナーはしら~っとしていたと思います。

でもこう言うトークって騙される人が多いと言うか、人を騙すためにやっているトークに過ぎないんですけど、実際にはだまされてしまう人が多いんですよね。

それで一度、ちゃんと説明したいなと思って、この場をお借りすることにしました。

 

筆者のMLMに対するスタンス

ネットワークビジネスに対してはマイナスな意見を持っている方が多いかと思います。一方で賛同する意見の方もいると思います。

筆者も、頭ごなしにダメだとは考えていません。しかし、ネットワークビジネスだろうとMLMだろうと、もっと言えばねずみ講だろうと、まずは「ビジネス」であるわけで、成功できるのはごく一握り。にもかかわらず、「誰でも儲かる」と言うから気に入りません。

また、ネットワークビジネスは、その一握りの成功者を生むために、主婦や社会経験のない学生などを巻き込んで搾取するタイプのビジネスのため、さらに好きではないわけです。

それともう一つ。

私は文章を書く仕事を長くやっているので、よくネットワークビジネスに関わらせられます。びっくりするほどに。

ストレートに誘われることもありますけど、それ以外に、「新商品のキャッチコピーを書いて欲しい」と言われて行ってみたらネットワークビジネスの商材だったり、マニュアルを作って欲しいと言われ、説明を聞いてみるとネットワークビジネスのマニュアルだったり、サイトを作ってほしいといわれてフタを空けたらネットワークビジネスだったり。

いやーとにかくびっくりしますよ。

でも、だから、一般の方のしらない裏側も見聞きしていて、「そんなわけないじゃん!」と言うことろも、たっぷり見てきました。そしてやっぱり、どうころんでも、好きにはなれません。

 

セミナーで主張されたMLMと不動産投資が同じ理由

セミナーでは、不労所得(儲け)を得るという部分では、不動産投資とネットワークビジネスは同じものだという前提で話されていました。

そして不動産投資は初期投資、つまり物件を買うお金がたくさん必要で(セミナーの中では数千万必要と言っていた)、ネットワークビジネスでは数万円から高い人でも数十万円あれば始められると言っていました。

単純に、数千万円最初に必要なものと、数万円で良いものが同じような収入につながると言われると、誰でも後者を選びますよね?

私も同じようなものがあるとするならば、後者を選ぶかもしれません。

ここでは、毎月(毎月じゃないところもありますが)商品を買い続けることなどは言わないのがずるいと思いました。

それに、ネットワークビジネスは友人を失うことで有名ですよね。私は、そんなことで少ない友人を失いたくない!笑

まぁ、世の中には色々な考えがありますので、友人を失うのも怖くないという人もいるかもしれません。

それも含め、総合的に判断して、それでもネットワークビジネスをやりたいという方にはそれでよいのかもしれません。そんな方に、「絶対に不動産投資をやりなさい。ネットワークビジネスは駄目ですよ」という言い方をするつもりはありません。

ですが、色々トータルで考えるなら、決してネットワークビジネスは有効なものではないと思うんですよね。

 

ネットワークビジネスと不動産投資が絶対的に違うところ

まず一つ目。友人を失いません。

「いや、そんなこと知ってるよ」と言われそうですけど、改めて考えましょう。

ネットワークビジネスは自分で商品を売るのではなく、組織を構築していくことで権利収入を得て行きます。その組織を構築するために友人知人を誘い込むわけです。

不動産投資は、例えば、「家を買ったんだけど、そこに入居する人がいないから、あなた入ってよ」なんて事はありません。入居者がいないとしても、これを入れる手段はさまざまあるわけで、どの選択肢を取ったとしても、友人・知人に半ば無理やりに入ってもらうことはないため、友達はやっぱり失いません。

初期費用と継続費用の違い

物件を購入する金額を比較すると、確かに、ネットワークビジネスの初期費用よりも高いでしょう。

でも私は、個人的に、2つの理由から比較できるものではないと思っています。

一つ目は、ネットワークビジネスって最初に使い切れないほどの商品を買わされますけど、それだけでは足らず、翌月も、その翌々月も、結局同じように商品を買わされるところが多いんですよね。これが自分が所属する組織の上の方の人の収入になっているわけで、「買え!買え!」って言われて当然です。

結局、安い家なら買える価格を使ってたという人も少なくありません。

一方、基本的な不動産投資は、最初に物件を購入しなければなりません。これがなければ始まりません。

でもこれって、一般に販売されている価格、つまり、新築や整備された中古の価格とはずいぶん違うものです。

筆者の場合、不動産投資に関わり始めた頃、「家ってこんな価格で買えるの?」とびっくりしました。6戸建てのアパートが1千万円とか、古い一戸建て500万円とか。

これくらいなら貯金あるわ…っていう人も多いかもしれませんし、足りなくてローンを借りるにしても、家賃をそのまま返済にあてれば一定期間収入はありませんが、持ち出しもありません。しかも、そのお金は自分の資産に対して払っているので、なんだかよくわからない健康食品とか化粧品とかが山盛り家に届くというよりは絶対マシです。

本当の意味で資産を増やしている

不動産投資は購入して、誰かに貸して家賃収入を得て、最後にその物件を売る。ここまでがワンセットとなります。

例えば、1000万円でアパートを買い、毎月8万円の収入があれば年間で約100万円の家賃収入があります。これで20年間収入を得続ければ、家賃収入は約2000万円。最後にアパートを800万で売れば、合計2800万円の収入となります。

もちろんこの間、税金や修繕費などの支出もありますが、やり方を間違わなければきっちりと利益を出していけます。これって、なかなかの投資ですよね?

そしてどんなことがあっても、最低限土地が残るので、ゼロにならないのが最大の魅力と言われているのが不動産投資です。 

自分で物件を持つのが不安なら、REITを利用すれば、それなりの投資になる可能性が高く、少なくともネットワークビジネスよりも、うんと稼げる可能性は高くなります。

そして、ネットワークビジネスでは、仮に組織が育ったとしても、自分が辞めてしまえば、そこから得られる収入はゼロになることが多くなっています。

一生収入が得られると言っているところが多いですが、実際には自分は商品を購入して立場をキープするお金を払い続けなければもらえるというところが多く、活動を完全に停止すれば、その権利も剥奪されるところがほとんどです。

またそもそも、ネットワークビジネスが好きな方は、ある時を境にその組織を離れ、また新しいネットワークビジネスに移っていくというのが定番です。つまりネットワークビジネスでは常に奪い合いがあるということ。だから本当に、一生年金代わりにお金が入ってくるなんことはありません!

 

結論「やっぱりMLMはあやしい」

そんなことを考えながらこのセミナーを受けていたわけですが(途中まで)、何でしょう?
ホワイトボードに何か一生懸命書きながら魅力を語っていた中年のおじさんは(私より歳は若そうだけど)、いかにも日サロに通ってますみたいな感じ。

「あの方ベンツに乗っているのよ」ってわざとらしく話されていましたが、チェーンのネックレスがギラギラ光り、「それで?」て感じでした。

その直下だというディストリビューターの女性は、イミテーションな感じのネックレスをジャラジャラとつけていたし、合皮の靴と鞄だった。

いや確かに、大家さんの集まりだって、一見すると普通のおじさんの集団になりがちだけど、それは自分を魅力的に見せる仕事ではないからであって、人前に出るからきれいにする必要があまりないわけで…。

ついでに言えば、書籍を書く人、文筆家を集めても同じように、普通のおじさんとおばさんがほとんどなわけで、これも人前にでないから。人前にでるなら、何とかしろよ・・・って思ったなぁ。

そしてMLM以外で儲かってる人の話を聞くと、まわりにまわって、結局は不動産投資をやっている方も多く、お金があるからネットワークビジネスをはじめましたって人には会ったことがない。

これが現実なんだよね、ということ。

みんな、だまされないでね。

原田園子

原田園子ディレクター

投稿者プロフィール

「不動産の学校」のディレクター兼ライター。
住宅メーカーや不動産業者をクライアントに持っています。
不動産関連の取材実績も多数あり。
不動産投資から日々の暮らし記事まで、幅広く担当します。

この著者の最新の記事

関連記事

会員登録・ログインはこちら

最新記事

  1. 先日、「不動産投資(大家業)は絶対にすべきではない」と力説する方に出会ってしまいました。不慮の事故み…
  2. 先日、友人と、あるミーティングに参加させられました。テーマは、「資産を増やす」というもの。 た…
  3. 春の引っ越しシーズンが終わり、現在はいわゆる閑散期。部屋を探す「需要」の減る、大家さんには厳しい季節…
  4. 私たちの生活を大きく変えたコロナ禍。その影響は当然に入居者ニーズにも及んでいますが、最近、特に気にな…
  5. 2022年4月19日、相続税をめぐる国税当局と相続人との訴訟で、最高裁は、相続人の路線価等による評価…
ページ上部へ戻る