【連載】ニュージーランドの住宅価格について

  • 2020/8/16
  • 【連載】ニュージーランドの住宅価格について はコメントを受け付けていません

こんにちは、ふりーパパです。

最近になって、不動産の看板に『Sold(売れました)』の張り紙がしてある物件が目立つようになりました。通常、ニュージーランドでは、冬場(5月~8月)の不動産の値動きはかなり悪くなるのですが、今年は例外のようです。

新型コロナによるロックダウンが約2か月続いたこともあり、今年の6月までは動きがかなり鈍かった。しかしながら、7月に入ってから物件は飛ぶように売れるようになったらしい。ニュージーランド中央銀行が、ゼロ金利にしたことから、ニュージーランドの銀行が、居住用の不動産に対するローンを2%台に引き下げたことが大きな要因となっているようです。

また、今年7月に入って、ニュージーランドの『KIWI BANK』という農協系の銀行が、積極的に住宅融資をするようになり、頭金が10%もあれば、融資がでるようになりました。通常の住宅融資のように、頭金が30%出せば、2.5%という最優遇金利で借りられます。このような銀行は、通常中央銀行の制約などを受けるのですが、ニュージーランド経済を住宅の売買などで活性化したいという政府筋の思惑などと一致していることからしばらくは積極的な融資がなされることになるようです。

ニュージーランド政府も、景気刺激策としてのキウイセーバーと呼ばれる通常は、老後の年金資金として使用できるような個人の非課税積立資金を、自宅用の不動産の頭金に使用した場合であれば、中途解約でもり利益部分が非課税で使えるような政策が背景にあります。

以下の住宅の価格推移をみてもらえば、わかるかもしれません。2002年築の物件約28万ドルが、現在は、1.1百万ドル程度で取引されるようになっています。2002年当時の最低賃金は、6ドルくらいで、現在は、約20ドルで、最低賃金も約3倍以上。このような不動産の物件価格が、4倍になっても驚きません。

日本人は、1990年から政府や日銀がデフレになるような政策を続けたので、デフレ政策が効いて不動産価格は約30年近く下落が続いています。ところが、アベノミクス開始以降、日銀がインフレ政策に転換したこともあり、大都市圏の不動産価格、以下の通り、特にマンション価格の上昇が続いているのです。

国土交通省のHPより

このような状況のほか、ニューヨークの超高級コンドミニアム等が売れ出しているというニュースもあります。大恐慌中でも、需要が高いところには不動産需要があり、価格上昇を続けるということかもしれません。

ふりーパパ

ふりーパパふりーパパ

投稿者プロフィール

1980年代後半から不動産投資開始。
2004年にサラリーマンを卒業して、不動産投資や株式投資などにて生計を立てる。不動産投資に必要な頭金を株式投資などの紙の資産への投資をし、それを元手に借入金を起こして不動産投資をしているのが特徴

この著者の最新の記事

関連記事

会員登録・ログインはこちら

最新記事

  1. 今年のゴルフのマスターズ。松山英樹選手が優勝しましたね。寝不足になった人も多かったのではないでしょう…
  2. 数十年も前の話になりますが、利息で生活する人がそれなりにいました。しかし最近では、そんな生活は夢のま…
  3. アートアベニューの伊藤と申します。弊社は首都圏の賃貸物件約6800戸をオーナー様からお預かりし、不動…
  4. 北浦和と聞いてどのようなイメージを浮かべるでしょうか? 浦和ではなく、「北浦和」です。 ぼくは正…
  5. 日本の伝統的な建築物と言えば木造です。そして最近の木の大型建築物と言えば、国立競技場。「杜(もり)の…
ページ上部へ戻る