【トイレリフォームの費用相場】和式→洋式・くみ取り式→水洗…etc.

中古住宅を購入する際に、「トイレが古くてビックリした!」という人も少なくありません。とくに、都市部から地方へ移住して中古物件を購入しようと考える人にとっては、最も悩ましいのがくみ取り式のトイレです。「くみ取り式だけは絶対にイヤ」と思う人も多いのではないでしょうか。

そこで、今日はトイレリフォームの費用相場を紹介します。さまざまなリフォームに関する費用相場を紹介しますので、最新のトイレに興味がある人もぜひ参考にしてみてください。

 

20万円以下のトイレリフォーム

まずは、20万円以下で実現できるトイレリフォームから紹介しましょう。

20万円以下でリフォームできるのは、

  • 壁紙(クロス)や床などの内装
  • 手すりの設置
  • 温水洗浄便座への交換

などのリフォームです。

壁紙(クロス)と床のクッションフロアを一緒に交換する場合、費用は3万円~10万円ほどかかります。

ただし、床や壁にタイルが貼ってある場合は注意が必要です。便器を取り外す必要があるため、タイル以外の床をリフォームする場合に比べると工事費がかさみます。タイルの貼り替えを希望する場合は、便器を交換するタイミングに合わせて行うと工事費の割引を受けられるケースもあるようです。

また、タイルの上にパネルを貼り、その上にクロスを貼る施工方法なら工事費を抑えられます。工事の方法は施工業者によって異なりますので、まずはウェブサイトで確認してみてください。

その他のリフォームに関する費用相場は、以下の通りです。

  • 手すりの設置:3万円~10万円
  • 温水洗浄便座の設置:3万円~10万円

20万円以下で便器も交換できる

トイレをリフォームする際は、20万円以下で便器の交換もできます。

20万円以下で交換できるのは、洋式の便器を洋式の便器へ交換する場合です。

たとえば、

  • 汚れにくい材質で作られている
  • 節水できる
  • タンクレス

などの機能が付いた便器へも交換できます。

交換の費用はメーカーや便器のグレードにもよりますが、これらの機能が付いた便器でも相場は15万円~20万円ほど(工事費込み)です。

 

ワンランク上のトイレは20万円~50万円

続いて、ワンランク上のトイレにリフォームする場合の費用相場をお伝えしましょう。

トイレをランクアップさせたければ、やはり便器を交換するのが1番です。便器を今よりワンランク上の製品に交換すれば、トイレ自体をランクアップさせられます。

ワンランク上の製品とは、

  • 全自動洗浄
  • 自動フタ開閉
  • 暖房・結露防止
  • 脱臭・消臭
  • 防汚・除菌
  • 節水・節電

などの機能が付いた便器のことです。

たとえば、2019年2月に発売されたTOTOの「ネオレスト」には、自動除菌機能が付いています。何と、ネオレストは便器を使わない時間が8時間を超える場合や使用後に、「きれい除菌水」のミストを自動的に便器内へ吹きかけてくれるのです。

さらに、フチのない形状の便器は掃除がラクで、渦を巻くように流れる「トルネード洗浄」は使うたびに汚れを洗い流してくれます。

このような機能性の高い便器は一般的な便器よりも本体価格が高いため、工事費を含めたリフォーム費用は20万円~50万円ほどが相場です。

ハイグレードな便器には、TOTO以外にもLIXILやパナソニックといったメーカーがあります。また、タンクレス以外にも「一体型トイレ」や「システムトイレ」といった種類もありますので、ワンランク上のトイレにリフォームしたい人は一度ショールームへ訪れてみるのもオススメです。

また、トイレをリフォームするに当たり、収納スペースを増やしたいと考える人も多いのではないでしょうか。何をどこに収納するのかを考えてからスペースを作れば、無駄のない理想的なトイレを作れます

収納スペースを増やす費用相場は、2万円~25万円前後です。トイレをリフォームする際には、ぜひ収納スペースについても考えてみてください。

くみ取り式から簡易水洗へのリフォーム

続いて紹介するのは、くみ取り式から簡易水洗のトイレにリフォームする場合の費用相場です。

くみ取り式から簡易水洗のトイレに変える場合も、50万円以下でリフォームできます。

簡易水洗とは、くみ取り式でありながらも水洗タイプのように使えるトイレのことです。昔とは違い、最近の簡易水洗は見た目も機能も、より水洗トイレに近づいています。

たとえば、

  • 便座の自動開閉
  • 自動洗浄
  • タンクレス
  • 暖房
  • 温水洗浄

などの機能が付いた製品もありますので、一度チェックしてみてください。

くみ取り式から水洗式へのリフォームには下水道工事や浄化槽の設置工事を伴うため、どうしても費用が高額になりがちです。

一方、くみ取り式から簡易水洗へ交換するだけなら15万円~40万円ほどでリフォームできます。

 

50万円以上のトイレリフォーム

最後に紹介するのは、50万円以上の費用を要するトイレリフォームです。

たとえば、便器の交換+内装工事+手洗いカウンターの設置といったトイレ全体のリフォームや、和式の便器から洋式の便器へ交換する場合などは、リフォーム費用が50万円以上かかる可能性があります。

とはいえ、やはり交換する便器のグレードによって製品代が大きく異なりますので、費用を抑えたい人は便器のグレードを落としてみてください。製品代さえ抑えられれば、リフォーム費用を30万円~40万円まで抑えることも可能です。

くみ取り式から水洗へのリフォーム

くみ取り式のトイレを水洗トイレにリフォームする場合は、下水道工事や浄水槽の設置工事が必要となります。

下水道工事や浄水槽の設置を含めたリフォーム費用の相場は、80万円前後です。便器のグレードや手洗い場を設置するかどうかなどによって費用が上下しますので、リフォーム費用を抑えたい人は便器のグレードを落として考えると良いでしょう。

下水道工事や浄水槽の設置が可能かどうかは、お住まいの自治体に確認してみてください。下水道工事や浄水槽の設置が難しい場合は、くみ取り式のまま使うか、水洗ではなく簡易水洗へ交換するかのどちらかを選択することになります。

自治体によってさまざまな決まりがありますので、購入する予定の中古住宅がくみ取り式だった場合は、購入する前に下水道についても調べておくと良いでしょう。

 

まとめ

トイレのリフォームと一口に言っても、何をどうリフォームしたいかによって費用相場は大きく異なります。予算に余裕があるなら、最新のトイレを設置するのも良いでしょう。また、便器のグレードを落として、その分の予算を収納スペースや内装に回す方法もオススメです。トイレの改修工事が補助金の対象になることもありますので、移住を検討している人は自治体の公式サイトもチェックしてみてくださいね。

関連記事

会員登録・ログインはこちら

最新記事

  1. 転勤や引っ越しで賃貸から退去する際に気になるのは、いくらかかるかわからない退去費用ではありませんか?…
  2. 株式会社アートアベニューの安藤と申します。弊社は、首都圏の賃貸物件約6500戸をオーナー様からお預か…
  3. 「不動産について学ぶ」のはマイホームを買う際に非常に重要な知識というのがコテツの認識です。そこで今回…
  4. 購入する中古物件の浴室に窓がある場合、「窓があるから換気扇は付けなくてもいいのかな?」と思う人もいる…
  5. 賃貸物件を借りる場合は、あらかじめ資金を用意しておく必要があります。場合によっては、数十万円もの初期…
ページ上部へ戻る