理想のキッチンいくらで手に入る?リフォーム費用相場&人気のタイプ

当然のことながら、最初はキレイだったキッチンも時間がたつにつれて劣化します。テレビドラマや映画を見ていて、「こんなキッチンにしたいな」「キッチンってリフォームするのにどれくらい費用がかかるんだろう?」などと思う人もいるのではないでしょうか。

そこで今日は、キッチンリフォームの費用相場をお伝えします。最近のトレンドもあわせて紹介しますので、キッチンのリフォームに興味がある人は参考にしてみてください。

 

キッチンリフォームの費用相場

キッチンのリフォームにかかる費用は、大きく分けて「50万円以下」と「50万円以上」の2パターンに分かれます。

まずは、50万円以下でリフォームできる場合から紹介しましょう。

50万円以下でリフォームできるケース

50万円以下でリフォームできるのは、部分的なリフォームやブロックキッチンの交換、ミニキッチンの設置・交換などです。

1.部分的なリフォーム

キッチンの部分的なリフォームとは、ガスコンロやレンジフード、食器洗い乾燥機などを新設したり交換したりする場合を指します。

費用相場は、以下の通りです。

  • ガスコンロの交換 7万円~20万円(工事費込み)
  • レンジフードの交換 5万円~20万円(工事費込み)
  • 食器洗い乾燥機の新設(ビルトイン) 20万円~25万円(工事費込み)

もちろん、メーカーやグレードが変われば製品代も異なります。また、場合によっては特殊な工事が必要な場合もありますので注意してください。

たとえば、ガスコンロからIHクッキングヒーターに交換する場合には電気工事が必要です。また、レンジフードの形が変わればキッチンパネルの交換も必要となる可能性もあります。こういったケースでは先ほど紹介した費用とは別に工事費が必要となりますので、注意しましょう。

また、部分的にリフォームするならシンクや水栓(蛇口)などを交換するのもオススメです。古いタイプから新しいタイプのシンクへ交換すると機能性もアップしますし、水栓を交換すれば節水や浄水といった機能を得られます。これらのリフォーム費用は10万円~30万円ほどが相場ですので、水回りの機能を整えたいとお考えの方は参考にしてみてください。

2.ブロックキッチンの交換

ブロックキッチンからブロックキッチンへ交換する場合も、50万円以下でリフォームできます。

ブロックキッチンとは、流し台や調理台、コンロ台などが別々になっているキッチンのことです。セクショナルキッチンとも呼びます

それに対して、システムキッチンは全ての台がつながっているため、継ぎ目がありません。システムキッチンの場合、コンロは台に組み込みます(ビルトイン)。

ブロックキッチンの交換にかかる費用の相場は、15万円~35万円(工事費込み)です。

3.ミニキッチンの設置・交換

ミニキッチンを設置したり交換したりする場合も、50万円以下でリフォームできます。

ミニキッチンとは、サイズが150センチ以内の小さなキッチンのこと。コンパクトキッチンと呼ばれることもあるキッチンです。

ミニキッチンは、ワンルームマンションやオフィスはもちろんのこと、2階のセカンドキッチンとしても人気があります。必要に応じて冷蔵庫や電気温水器などを付けられるのも、ミニキッチンの特徴です。

ミニキッチンの設置や交換の費用相場は、20万円~50万円(工事費込み)です。サイズやコンロの有無などによって本体代や必要な工事費が異なります。

キッチン全体のリフォーム相場は100万円~150万円

次に紹介するのは、50万円以上の費用がかかるケースです。全体的にキッチンをリフォームする場合は、最低でも50万円以上の費用がかかります。

たとえば、ブロックキッチンをシステムキッチンにリフォームする場合の費用相場は60万円前後、壁付けのキッチンを対面式にリフォームする場合の費用相場は100万円~150万円ほどです。

ただし、一口にキッチン全体のリフォームといっても、キッチンのタイプやメーカー、グレードなどによって本体価格が異なります。また、サイズやシンクの位置を移動するかしないかなどによっても工事費が大きく異なるため、場合によっては300万円を超えるケースもあるようです。

では、キッチンのタイプやグレード、サイズなどによってリフォーム費用の差はどれくらい開くのでしょうか。ここからは、システムキッチンのタイプや、それぞれのリフォーム費用相場をお伝えします。人気のタイプも紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください。

 

人気のキッチンとリフォーム費用相場

ここ数年で人気が高まっているのは、何といっても対面型のキッチンです。

対面型のキッチンにもいくつかのタイプがありますので、まずは対面型のキッチンについて、人気のタイプや費用相場を紹介しましょう。

1.対面型キッチン

対面型とは、調理をしながらダイニングやリビングを見渡せるタイプのことです。子どもの様子を見たり家族と会話をしたりしながら食事の用意ができるほか、テレビを見ながら食器を洗えるといったメリットがあります。

対面型キッチンで人気があるのは、

  • アイランド型
  • ペニンシュラ型
  • セパレート型
  • L型

などのタイプです。

対面型キッチンのリフォームには、80万円~180万円(工事費込み)ほどの費用がかかります。

ただし、システムキッチンの種類やグレードによっても本体価格は異なりますし、工事内容によっても工事費が異なりますので注意してください。たとえば、同じ場所のシステムキッチンを交換する場合の工事費は20万円前後ですが、壁付けだったキッチンを対面型に変えるとなれば50万円前後かかります

2.壁付け型キッチン

壁付け型とは、その名の通りキッチンが壁に付いているタイプのことです。対面型キッチンがオープンキッチンと呼ばれるのに対して、壁付け型はクローズキッチンと呼ばれます。背面キッチンと呼ばれることもあるようです。

昔に比べてワーキングマザーが増えていることもあり、壁付け型キッチンは時短できる間取りとしても人気があります。

壁付け型キッチンで人気があるのは、

  • I型
  • L型
  • U型(コの字型)

などのタイプです。

壁付け型キッチンにリフォームする場合、50万円~200万円ほど(工事費込み)の費用がかかります。

なお、壁付け型の中で最も費用が安いのはI型で、反対に最も高いのはU型です。

また、同じタイプのシステムキッチンでもサイズやグレードによって本体価格が大きく異なります。たとえば、最も安い価格帯のグレードで50万円だったキッチンが、最も高い価格帯のグレードでは120万円ということも珍しくありません。さらに、メーカーによっても価格や機能、デザインなどに違いがありますので、メーカーごとの特徴についても調べてみましょう。

 

まとめ

一口にキッチンのリフォームといっても、その内容によって費用が大きく異なります。また、システムキッチンはタイプや形によってメリット・デメリットも異なりますので、まずは今のキッチンに対して改善したいと感じている部分について書き出してみてはいかがでしょうか。

関連記事

会員登録・ログインはこちら

最新記事

  1. 国土交通省が古民家などの空き家対策として打ち出した「DIY賃貸」。従来は、貸主側ですべて対応していた…
  2. 不動産投資と言えば、「将来的に多くの収入を得られて老後が豊かになる」、「投資家として莫大な資産を得ら…
  3. 子供が生まれて、今の賃貸住宅が手狭になると、マイホームの購入を考えたりはしませんか? 自身の資金が…
  4. みなさんは「評価証明書」をご存知でしょうか? 不動産登記に関わる登記免許税(とうきめんきょぜい)の…
  5. 株式会社アートアベニューの安藤と申します。弊社は首都圏の賃貸物件約6500戸をオーナー様からお預かり…
ページ上部へ戻る