インド初の不動産管理革命。家具家電付きで敷金など不要。日本初のアパートメントサービス【OYO LIFE】がいよいよサービス開始

  • 2019/4/2
  • インド初の不動産管理革命。家具家電付きで敷金など不要。日本初のアパートメントサービス【OYO LIFE】がいよいよサービス開始 はコメントを受け付けていません。

これまでの日本になかったアパート管理サービスを提供することで注目を浴びている【OYO LIFE】が、3月28日、ついにサービスを開始しました。
新しい暮らし方を提案する【OYO LIFE】がやろうとしていること。そして、私たちが期待する理由を探ってみます。

 

インド企業OYOとヤフーがタッグを組んだ

新しいアパート管理サービスを提供するOYO TECHNOLOGY&HOSPITALITY JAPAN 株式会社は、インドのホスピタリティ会社OYO(オヨ)とヤフー株式会社との合弁会社として誕生しました。提供するサービス【OYO LIFE】は、地下鉄の駅貼りポスターなどで大々的に宣伝されていたこともあり、気になっていたという方も多いのではないでしょうか?

キャッチコピーにある「いきなり東京0円ライフ」とは実にインパクトのあるキャッチコピーですが、これを実現してしまうのが【OYO LIFE】のすばらしいところ。
敷金・礼金・仲介料は一切なく、スマホだけで物件探しから契約、支払いまで完了させ、翌日には入居可能というスピード感も特徴のひとつです。

物件はすべて家具つきで、数日間の試し住みができるなど、これまでにない気軽さで賃貸アパートに入居できます。情報通な入居希望者はもちろん、不動産投資家の注目を集めるのもこの点にあります。

さらに、【OYO LIFE】の「家具・家電付き」は今までの賃貸物件のさらに上を行っています。洗濯機や冷蔵庫といった家電はもちろん、タオルやシーツ、食器まで揃っているので、本当に何も持たずに入居が可能。ホテルや民泊などの気軽さで、長期間住まう物件に出会い、また必要に応じて新たな住居に移れるのが魅力のひとつです。これによって、自分のスタイルにあった暮らし方を模索できる点が注目されています。

また、今回からサービス提供される「OYO PASSPORT」は、提携パートナーのサービスをサブスクリプション(定額制)で利用できるもの。カーシェアリングや家具・インテリアのレンタルサービス、家事代行など、快適な暮らしに欠かせないサービスが取りそろえられ、入居後一ヶ月間は無料で使えるとあって、ますます人気が高まりそうです。

国内ではこれまで、物件探しに特化したサービスはありましたが、すべてをスマホ上で完了させるものはありませんでした。ここには最新のテクノロジーが活用され、賃貸物件を借りる際の面倒な課題をすべて排除したことで実現しています。このため不動産業者や管理会社の常識を変える可能性すらあると注目されているのです。

【OYO LIFE】は、今年2月20日にサービス発表を行い、事前登録をした人は13,000名以上。取得した物件は1,000室以上に及び、今後は物件を紹介するリアル店舗「OYO Partner不動産」も拡大していく予定だとか。これからの【OYO LIFE】の広がりから目が離せません。

不動産の学校では、近日、【OYO LIFE】に取材にうかがう予定です
【OYO LIFE】とは、どういったサービスなのか。また、なぜこのようなサービスが提供できるのか、入居者と物件所有者のメリットは何なのかなど、実際に足を運ばなければ聞けないことを直撃してきます。
お楽しみにお待ちください!

この著者の最新の記事

関連記事

会員登録・ログインはこちら

最新記事

  1. 暑い季節になると特に気になる虫たち。中でもゴキブリには頭を悩ませている人も多いですよね。いや、彼らは…
  2. 定期的に引っ越しをして、さまざまな地域で生活したいと思っている方は多いのではないでしょうか。 …
  3. コロナ騒動をきっかけにテレワークを導入する会社が増え、オフィスを小さくしようという話がちらほらと聞こ…
  4. こんにちは。ふりーパパです。 ニュージーランドは、1990年からインフレ政策をとるようになりま…
  5. (株)アートアベニューの伊藤と申します。弊社は首都圏の賃貸物件約6700戸をオーナー様からお預かりし…
ページ上部へ戻る