戸建て住宅にオススメの断熱リフォーム!工事の種類や費用相場を解説

断熱リフォームとは、その名の通り断熱のためにリフォームをすることです。断熱リフォームをすれば、もちろん暑さや寒さを防げます。しかし、断熱リフォームの魅力は断熱そのものだけではありません。というのも、中には「真冬や真夏になると電気代が3倍になる!」と嘆く人もいるほど、無断熱の住まいは電気代がかさむのです。
では、どんなリフォームを行えば断熱や節電の効果を期待できるのでしょうか。

今日は、数あるリフォーム工事の中から、断熱効果を期待できるリフォームの種類や費用相場を紹介します。戸建ての家にお住まいで、かつ次の夏や冬が訪れる前に断熱リフォームを済ませたいと考えている人は、ぜひ参考にしてみてください。

 

■断熱効果のあるリフォームと費用相場4選

まずは、断熱効果のあるリフォーム工事の種類と、それぞれにかかる費用の相場から紹介します。

1.窓・玄関のリフォーム

最初に紹介するのは、窓や玄関などの開口部をリフォームする断熱工事です。
日本建材・住宅設備産業協会によると、冬は開口部から58%もの熱が出ていき、夏は開口部から73%もの熱が入ってくるとのこと(注1)。つまり、開口部を断熱仕様にリフォームすれば、大きな断熱効果を期待できるということです。

たとえば、窓の断熱リフォームにはガラス自体を断熱効果のあるタイプに交換する方法や、窓の内側にもう1つ窓を取り付ける方法などがあります。

窓の断熱リフォーム1.断熱効果のあるガラスに換える

断熱効果のあるガラスとは、ガラスが二重になっているタイプのことです。とはいっても、最近の断熱ガラスは二重になっているだけではありません。

たとえば、

  • ガラスの間が真空になっているタイプ
  • ガスを注入してあるタイプ
  • 特殊な金属膜を貼ってあるタイプ

など、さまざまな種類の断熱ガラスがあります。

たとえば、結露を防ぎたい部屋には結露の発生しにくいガラスを、西日を防ぎたい部屋には遮熱効果の高いガラスを使用することで、より高い効果を期待できるでしょう。

なお、ガラス自体を断熱ガラスに交換する費用の相場は、窓1カ所あたり4万~20万円程度(材料費込み)です。

窓の断熱リフォーム2.窓を二重にする

窓を断熱するもう1つの方法が、窓を二重にする方法です。窓の内側に取り付ける窓のことを、「内窓」や「二重窓」などと呼びます。

二重窓の断熱効果はバツグンです。また、防音や結露を防ぐ効果も期待できます。

内窓を付ける工事の費用相場は、窓1カ所あたり4万~15万円程度(材料費込み)です。

玄関の断熱リフォーム

玄関もまた、窓と同じく室内の暖かい空気を外へ漏らしてしまったり、室外の熱い空気を中へ入れてしまったりする原因となります。

玄関の場合は、断熱効果のある玄関ドアに交換する方法が一般的です。断熱効果のあるガラスや素材を使っているため、高い断熱効果を望めます。ドアタイプだけでなく開き戸タイプもありますので、開き戸が好きな方も安心です。

玄関ドアを交換する工事の費用相場は、古いドアの撤去・処分費を含めて20万~50万円程度です。ただ、玄関ドアのサイズやガラス・素材の種類などによってドア本体の価格に大きな差がありますので、注意しましょう。

2.床のリフォーム

次に紹介するのは、床の断熱リフォームです。

床の断熱リフォームは、大がかりな工事を要するタイプと要さないタイプがあります。大がかりな工事を要するリフォームとは、床を剥がして断熱材を入れる工事のことです。床を剥がさない断熱リフォームの場合、工事費用の相場は20坪(40畳)ほどの広さで20万~40万円ほどです。

一方、大がかりな工事が不要なリフォームは、床の下から断熱材を入れる工事を行います。この場合の相場は、70万~120万円ほど。とはいえ、この場合は床材の交換費用も含まれていますので、断熱工事にかかる部分は5万~20万円ほどです。

仮に床材を交換しないとしても、剥がした床を元に戻す作業に高額な工事費がかかります。そのため、床を剥がして断熱材を入れるなら床材の交換もあわせて施工した方がオトクなのです。

もし床を剥がさなければリフォームできないのであれば、床材の交換時期にあわせて検討してみると良いでしょう。

3.壁のリフォーム

続いて紹介するのは、壁の断熱リフォームです。

床のリフォーム工事と同じく、壁のリフォーム工事にも大がかりな工事を要するタイプと要さないタイプがあります。大がかりな工事とは、壁を剥がして断熱材を入れる工事のこと。一方、大がかりな工事が不要なタイプとは、クロスだけを剥がして断熱パネルを取り付ける工事のことです。

また、壁のリフォームには壁の内側から行う工事と、外側から行う工事の2パターンがあります。

外側から行う工事の場合は、断熱材を入れるだけでなく塗料や壁の材質を断熱効果のあるものに交換することも可能です。塗料や壁の材質を交換すれば、断熱だけでなく家を長持ちさせる効果が期待できます。

内壁の断熱リフォーム工事にかかる費用の相場は、以下の通りです。

  • 壁を剥がさない工事:1平方メートルあたり4,000円ほど
  • 壁を剥がす工事  :1平方メートルあたり1万~1万5,000円ほど

ただし、洗面所やキッチンなどの壁に断熱材を入れる場合は、大工さんによる工事のほかにも専門業者による工事が必要となります。その場合は、上記の倍ほど費用がかかりますので注意しましょう。

一方、外壁の断熱リフォームにかかる費用の相場がこちらです。

  • 壁を剥がさない工事 :1平方メートルあたり7,000円ほど
  • 壁を剥がす工事   :1平方メートルあたり1万円ほど
  • 断熱塗装を施す工事:1平方メートルあたり1万5,000円ほど

4.天井・屋根のリフォーム

最後に紹介するのは、天井や屋根の断熱リフォームです。

天井や屋根の断熱リフォームも、大がかりな工事を要するのかどうかによって作業内容や費用に差があります。

たとえば、天井の断熱リフォームの場合、天井裏に断熱材を入れるだけの工事であれば10万~50万円程度で済みますが、天井を剥がして行う工事であれば相場は40万~90万円ほどです。

一方、屋根のリフォームには、垂木(たるき)という長い木材の上下に断熱材を入れる工事や、断熱効果や遮熱効果のある塗料を施す工事などがあります。いずれにしても、屋根のリフォームは天井のリフォームよりも高額となる可能性が高いです。工事の種類や必要性については、しっかり検討しましょう。

 

■まとめ

今日は、断熱リフォームの種類と費用相場について解説しました。

一口に断熱と言っても、冬場と夏場では必要な断熱が異なります。まずは、それぞれの部屋に必要な断熱を整理してみましょう。また、適切な断熱リフォームは夏の節電にも役立ちます。ぜひ夏が来るまでに工事を終わらせられるよう、今から計画してみてくださいね。

関連記事

会員登録・ログインはこちら

最新記事

  1. 不動産投資をする際に知っておきたい知識のひとつに接道義務があります。接道義務に反している建造物の敷地…
  2. 賃貸物件で水漏れを起こしてしまったら、まずは何から手を付ければ良いのでしょう? 賃貸マンションや賃貸…
  3. とりあえず押さえておきたいからと賃貸物件の申し込みをした場合、やっぱりほかの物件にしたい! と気軽に…
  4. 遠隔地の大学進学時のお部屋探しは、受験の時期と重なってなかなか大変です。ある程度情報収集は自分でして…
  5. (株)アートアベニューの高橋と申します。弊社は首都圏の賃貸物件約6500戸をオーナー様からお預かりし…
ページ上部へ戻る