室内の壁や天井にひび割れが!?原因・対処方法・費用相場を解説

ふと部屋を見回していて室内の壁や天井にひび割れを発見してしまったら……? ぎょっとしますし、不安になりますよね。

今回は、そんな壁や天井のひび割れの原因を解説。さらには対処方法も解説し、あなたの不安を解消します。壁や天井のひび割れを発見した場合には、ぜひ参考にしてください。

室内の壁や天井にひび割れができるのは珍しいことではない

実は、室内の壁や天井にひび割れができるのは、決して珍しいことではありません。

なぜなら、わずかながらでも柱やハリ(屋根を支える材木)が揺れ動けば、ひび割れができる可能性はあるからです。

柱やハリが揺れ動くと聞くと、「やはりただ事ではないのでは」と思われるかもしれませんが、実は柱やハリが揺れるのは当たり前のこと。もちろん台風や地震などによる大きな力で揺れることもありますが、家の前を車が走ったときに起こる小さな振動でも、柱やハリはわずかに揺れます。

また、建築素材(特に木材)が乾燥や湿気により、わずかながらサイズが変わることでも揺れるのです。そして、わずかな揺れによる壁や天井のひび割れが起こっても、多くの場合は問題がありません。

以上のことから、室内の壁や天井にひび割れができたからといって、必ずしも焦る必要はないといえるでしょう。

しかし、施工不良や地盤沈下によって壁や天井にひび割れができることもあり、早急な対処が求められるケースもあります。そのため、壁や天井のひび割れが見つかった場合には、軽微なひび割れなのか、危険なひび割れなのかを見極めることが大切です。

軽微なひび割れと危険なひび割れの見極め方

では早速、軽微なひび割れと危険なひび割れ、それぞれの特徴を確認していきましょう。

壁や天井の軽微なひび割れの特徴

  • 壁紙のみのひび割れ
  • 線のように細く、直線的なひび割れ

軽微なひび割れはまず、壁紙のみがひび割れているケース。壁紙の厚みはせいぜい3mm~5mm程度しかないため、ひび割れがごくごく浅いものであれば壁紙のみのひび割れと考えられます。

壁紙のみのひび割れであれば、壁そのものには被害がないため、美観を損ねる点以外の問題はほとんどありません。

また、壁紙のみでなく下地材にひび割れが入っていても、縦方向に直線的かつ細くひび割れが伸びているのであれば軽微である可能性が高いでしょう。縦方向に直線的なひび割れは、下地材の経年劣化によるひび割れがほとんどなためです。

ただし、これら2つの特徴を持ったひび割れであっても、実は地盤沈下や施工不良といった根本原因があり、日に日にひび割れが悪化するケースもあります。「自身では判断がつきかねる、心配だ」という場合には、業者に点検を依頼すべきでしょう。

一方、しばらく様子を見たい場合には、ひび割れの長さや深さを写真とともに記録しましょう。その後は、ひび割れが悪化していないかを定期的に確認してください。3カ月置きの確認がおすすめです。

壁や天井の危険なひび割れの特徴

  • 奥深いひび割れ
  • 地震直後にできたひび割れ
  • 直線的でないギザギザとしたひび割れ
  • 壁紙や下地材の継ぎ目ではなく、壁や天井の中心にできたひび割れ
  • 小さく細くても同じ箇所にいくつも発生しているひび割れ
  • 室内だけでなく外壁にも同時に見られるひび割れ

上記の特徴を持ったひび割れは、地盤沈下や施工不良の恐れがあります。

壁紙や下地材の継ぎ目ではない箇所にできるひび割れには、特に注意してください。壁や天井の中心などにできるひび割れは経年劣化ではあまり見られず、なんらかの原因で建物自体が傾いている可能性が高いためです。

建物の傾きを調べる簡単な方法としては、まずは有名なビー玉を使った方法。

床にそっとビー玉を置き、転がるかどうかを何度かくり返し試してください。たとえ問題のない傾きであってもビー玉は転がる可能性はありますので、複数回試すことが大切です。複数回試しても、同じ方向へと止まらずに転がっていくようであれば建物の傾きを疑いましょう。

また、ジャイロセンサーの搭載されたスマホであれば、水平器や水準器(傾斜を測定する器具)アプリで床の傾斜を量ることができます。

床の傾斜は「1mにつき6mm以上の傾斜がある場合は問題のある可能性が高い」と、「住宅紛争処理の参考となるべき技術基準(※1)」に記載がありますので参考にしてください。

室内の壁や天井にひび割れが見られたときの対処方法

室内の壁や天井にひび割れが見られたときの対処法を、ひび割れの状況別に確認していきましょう。

方法1.壁紙のみの軽微なひび割れはコーキング剤で留めつける

壁紙のみがひび割れている場合には、「コーキング剤」を使えば自分でも対処できます。

コーキング剤は、隙間を埋めるために建築現場でも使われるアイテム。使い方はとても簡単で、ひび割れにコーキング剤を流しこみ、はみ出てしまった部分を布で拭き取ればOKです。

コーキング材はホームセンターにて、約300円から販売されています。カラーが何種類かあるため、ひび割れた壁紙になじむカラーを選びましょう。

賃貸の場合は、まず管理人や管理会社に相談を!

賃貸の場合、勝手にコーキング剤を使ってひび割れをふさいでしまうと退去時に罰金を取られる恐れがあります。

ひび割れを発見したら、まずは管理人や管理会社に連絡を入れるようにしてください。

方法2.危険なひび割れは業者に依頼する

危険なひび割れを発見したときには、まず住宅の構造点検を業者に依頼しましょう。

点検を依頼する業者は、まずリフォーム業者。リフォーム業者に依頼すれば、いざリフォームするとなったときの手続きはスムーズでしょう。

しかし、場合によっては不必要でもリフォームを勧められるケースもあり、点検してもらった手前、断りづらいという難点もあります。

上記の難点が気になる場合には、第三者視点でアドバイスをもらえる住宅診断のみを専門で行っている業者を選ぶのもおすすめです。

「住宅診断(ホームインスペクション)」や「住宅診断士(ホームインスペクション)」で検索をかけ、近隣の業者を探してみてください。なお、住宅の構造点検は、5万円~10万円が相場です。

また、新築(1~2年)のひび割れであれば建築会社に無料点検してもらえる可能性もあります。新築の場合には、リフォーム業者や住宅診断業者に依頼する前に問い合わせてみましょう。

ひび割れのリフォーム費用相場

ひび割れのリフォーム金額は、ひび割れの状況によって大幅に異なります。特に地盤沈下や施工不良によるひび割れでは、建て替えや地盤そのものの工事など大掛かりになるため、これという相場は示せません。

一方、下地材の補修であれば、1カ所のひび割れに対して1~2万円が相場です。

何にしても、リフォーム費用は業者によって大きく異なることもあります。リフォームをされる際には、必ず複数の業者に見積もりを出してもらってから検討しましょう。

まとめ

壁や天井にひび割れを見つければ、誰もが驚き焦ってしまうものですが、ほとんどのひび割れは軽微なもの。すぐにどうにかしなくてはならないようなひび割れは数少ないので、安心してください。ただし、危険なひび割れもゼロではありません。自宅のひび割れがこの記事で紹介した危険なひび割れに該当するものであるほか、不安が拭い去れないようであれば、住宅の構造点検を行うようにしてください。

また、住宅は経年劣化するものであり、定期点検も大切だといわれています。ひび割れに限らず、住宅に不安要素が見つかったときには、それを機に点検を依頼してみてはいかがでしょうか。

参考元

(※1)住宅紛争処理の参考となるべき技術的基準(PDF)|国土交通省

関連記事

会員登録・ログインはこちら

最新記事

  1. 住まいを温める暖房器具は定番のエアコンからファンヒーター、オイルヒーター、ストーブとその種類は豊富で…
  2. 今回の新型コロナウイルスは世界中にさまざまな影響を及ぼしました。その一つが家賃。大型都市の一部で家賃…
  3. 世の中にさまざまな変化を起こさせた新型コロナウイルス。不動産環境にもいろいろな変化を見せています。た…
  4. アートアベニューの伊藤と申します。弊社は首都圏の賃貸物件約6800戸をオーナー様からお預かりし、不動…
  5. こんにちは、ふりーパパです。 ニュージーランドの中央銀行が、史上最低金利に下げられてから、住宅…
ページ上部へ戻る